あなたは答えられますか?会社設立と起業の違いについて解説

あなたは答えられますか?会社設立と起業の違いについて解説

「会社を設立した」「今度起業する」このような言葉を聞くこともあるでしょう。しかし「設立」や「起業」の違いはわかるでしょうか。それ以外にも似たような言葉はありますね。

あまり意識をしていない人が多いかもしれません。しかし意味を知らないと誤解を与えてしまうこともあるので、注意は必要です。

今回は起業や設立などの似たような言葉を解説します。とくにこれから事業を始める人は、覚えておくといいでしょう。

「起業」や「会社設立」など言葉の意味を知っておこう

企業のホームページで設立した年や創業○年などを見たことがありませんか。創業と設立は似たような言葉ですが、意味は違います。

また「起業する」と「開業する」も似たような言葉ですが、やはり意味は違うのです。

そこまで神経質になる必要はありませんが、意味が違うので使われる機会も変わります。それに一般教養として意味の違いを知っておくことは、悪いことではないですよね。

とくに会社を設立した後は、事業主は顧客や株主などに自身の事業について説明を行う機会が増えます。用語の意味を正しく理解していないと、そのような場面で間違えた使い方をしてしまい、誤解されてしまうかもしれません。

そのため似たような言葉ではありますが、意味の違いは明確に理解しておくべきです。

起業や設立など似たような言葉

先ほど「創業」と「設立」、そして「起業」と「開業」を似ている言葉として例に出しました。その他にもいくつか似ている言葉はありますよね。しかし具体的にどのような意味の違いがあるのでしょうか。

詳しくそれぞれ解説します。

起業とは

起業は「新たに事業を起こすこと」の意味です。あとで解説する「創業」とほぼ同じ意味ですが、「創業」は未来のこととして使いません。

例えば「来年起業する」など、これからのことに対して起業は使えます。また最近では起業に対して、「スタートアップ」や「ベンチャー」という言葉が使われることも増えてきましたね。

チャレンジするという意味合いでも、起業という言葉が使われるようになってきています。

設立とは

設立は「会社を立ち上げた時期」を表す言葉です。つまり定款を作成し、認証してもらい、登記書類などを作成して商業登記して、法人として正式に登記された日を指します。

基本的には会社組織に使われますね。具体的には「株式会社」、「合同会社」、「一般社団法人」「一般財団法人」「NPO法人」です。

一方でフリーランスや個人事業主が事業を開始した場合には使われません。

事業の開始日と会社の設立日が異なることは多いです。例えば会社登記前から事業を始めている場合。最初は個人事業主で事業を進めていたが、社員数が増えて株式会社として法人化した場合、このケースに該当しますね。

それに日本の「商法」は1899年に制定されたので、それ以前から存在している老舗企業は必然的に設立年と創業年が変わります。

また会社設立を先に行って事業をすぐに行わなかった場合は、設立日よりも創業日が遅いというレアケースもあるのです。

創業とは

創業も「事業を新しく開始する」という意味合いです。そのため会社として登記したことなどは関係なく、事業を始めたタイミングのことを指します。

どんな事業形態にも使うことができるので、会社だけでなくフリーランスが事業を開始した事実さえあれば、創業を使えますね。

ただし「来年創業する」というような未来のことを話すタイミングでは使えません。この時は「起業」を使いましょう。

「創業○周年」や「○年に創業した」、そして事業を開始した人を「創業者」と呼ぶように過去のことを表すときによく使われます。

創立とは

創立は、創業とよく似た言葉ですね。どちらも「事業を開始した日」という意味では同じです。創立記念日という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

創立は「組織や機関を使って」事業を始めた場合に使います。そのため個人で事業を始めた場合は創立を使えません。この場合は「創業」です。創立は創業でもあるのですが、創業が創立とは限りません。

創設とは

創設は、「施設や機関、制度、組織などを新たにつくり出すこと」です。会社や学校、団体などを立ち上げる際にも使われます。

また、新しい事業部の立ち上げや子会社を作るときも、創設すると言います。既に存在する組織から独立して新しい組織を作るときに使われることが、創設の特徴ですね。

創設は創立とも似ています。しかし創立は「初めて」組織や施設、事業を開始するときしか使えません。そのため子会社を作るときや、新規事業部の立ち上げなどには創設を使うケースが多いです。

開業とは

開業も新しく事業を始めることを表しています。起業や創業と似ていますね。しかし使われ方は違います。開業は個人で事業を始めるときや飲食店をオープンする場合に使われることが多いです。会社組織の場合は使われません。

このように使われる理由は、「開業届」を提出することが関係しているようです。

個人事業主を初める場合、税務署に「個人事業の開業届出書」を提出します。一方で法人の場合は「法人設立届出書」です。

この届出書の違いによって個人やフリーランスの方が新しく事業を始める場合は「開業」、法人の場合は「設立」を使用することが多いです。

また法律的な専門用語では、個人事業を立ち上げることを「開業」と言います。そのため「起業届」や「創業届」といった言葉は存在しませんよね。

起業や創業との意味の違いがわからなくても、書類を提出すれば開業できてしまいます。そこまで神経質になる必要はありません。

独立とは

独立はこれまでの解説してきた言葉とは意味合いが違います。もともとの意味は「誰かに頼らず、束縛や支配を受けないこと」です。「親から独立して一人暮らしする」などの言葉として使われていますね。

しかし起業に関わる独立の意味合いは、勤めていた会社を辞めて新しく自分で会社を立ち上げたり、事業を起こす場合に使われることが一般的です。

だからこれまでどの会社にも属していなかった人が、新たに会社を立ち上げる場合には使えません。

会社設立におすすめ税理士事務所

  • 税理士法人きわみ事務所は、開業や創業の支援に強い税理士事務所です。
    税法の暗記や計算能力ではなく、企業の問題解決のための分析や経営アドバイスが必要な時にはきわみ事務所へのご相談がおすすめです。

言葉の違いが重要になるとき

ここまでそれぞれの言葉の意味を解説してきましたが、言葉の意味が重要になる場面とはどんなときでしょうか。

通常業務においてはそこまで気にする必要はありません。しかし会社設立時は注意しましょう。「創業日」と「設立日」が違う可能性があることも理解しておくべきです。これから起業したり会社設立をしたとき、創業日と設立日を答えられるようにしましょう。

また例えば祝電を送るときに「創業」と「設立」の意味をわからずに間違えて送っていたら問題になりますよね。ただ恥ずかしい思いをすればまだいいですが、相手先からの信用を無くすかもしれません。

経営者が言葉の意味を間違えて使っていたら、取引先はもちろん株主や従業員からも心配されてしまいます。とくにこれから会社設立をしたり、起業を考えている方は創業者になるわけです。そんな会社の歴史を作る人物は、ほぼ同じ意味だと決めつけないでくださいね。用語の正確な意味をしっかり抑えておく必要があるでしょう。

会社設立や起業などの言葉を整理しよう

今回は起業や設立などの似たような言葉の違いについて解説しました。事業を始める意味合いの言葉には、さまざまなものがありますね。普段何気なく使っている言葉でも意味の違いがあることを理解いただけたでしょうか。また新たな発見があったかもしれません。

言葉の意味を正確に把握していなくても大きな問題にならないかもしれませんが、とくに経営者となる方は覚えておく必要があります。自身の事業について話す機会も多く、一般社員よりもこれらの言葉を使うことが多いからです。

それに意味を知っている方が会話もスムーズに進みますよね。この機会に言葉を整理して、使い分けられるようになりましょう。

会社設立におすすめ税理士事務所

  • 税理士法人きわみ事務所は、開業や創業の支援に強い税理士事務所です。
    税法の暗記や計算能力ではなく、企業の問題解決のための分析や経営アドバイスが必要な時にはきわみ事務所へのご相談がおすすめです。

会社設立・起業の基礎知識