社名をつける時のコツは?社名で使える文字も教えます

社名をつける時のコツは?社名で使える文字も教えます

社名付けは、起業を意識したら一番最初にすることではないでしょうか?実際に、会社に名前をつける事で起業に対する意識が大幅に増す事にもなります。

しかし、会社の名前は頻繁の変更するものでもなく基本的には一度付けたら、会社が倒産しないかぎりその社名で営業を続けていく事が多いです。そのため、社名をつける際には慎重に考えなくてはいけません。

ここでは、社名をつける際のルールや社名をつける際のコツなどについて、これから起業する人にもわかるように簡単に紹介していきます。

社名の付け方のルールとは?

社名は自由に付けていいと思っている人の多いのではないでしょうか?

しかし、社名にはつける事ができる文字や基本的なルールというものが決められています。そのため、社名をつける際には事前に確認をしておく必要があります。

ここでは、今まで起業をした事がない人でもわかるように社名をつける時のルールについて紹介していきます。

使う事ができる文字

社名では、使う事ができる文字が事前に決まっています。社名をつける時には以下の文字だけを使う事ができます。

・漢字
・ひらがな
・カタカナ
・ローマ字(大文字・小文字)
・アラビア数字
・符号(「&」、「’」、「,」、「-」、「.」、「・」)

基本的に、社名をつける時には日常生活で使っている文字は使う事ができます。しかし、社名にはスペースを使う事ができないです。社名をつける時には、スペースを使う事ができないことを事前にしっかり確認しておきましょう。

会社の種類を入れる

社名をつける時には、会社の種類を社名に入れる必要があります。会社の種類とは、「株式会社」や「合同会社」などの事になります。会社の名前が「株式会社〜」となっているのを見た事がある人も多いのではないでしょうか?

会社の種類は、社名の前後どちらに入れても大丈夫です。しかし、社名の真ん中に入れる事は紛らわしいので認められていません。

類似している名前は避ける

社名の付け方は基本的に自由です。しかし、すでに有名な企業に似せた名前を付けて世の中の人を混乱させる名前をつけるのはやめましょう。

また、類似している名前を付けた際に、最初に付けていた方の会社から訴訟を起こされる事もあります。そのため、余計な手間を取られないためにも、大企業や有名な会社に似ている名前をあえてつける行為は、辞めるようにしましょう。

社名をつける時のポイント

どのように名前を付ければいいのかわからない人も多いと思います。そこで、ここでは社名をつける時のポイントについて紹介していきます。

社名は基本的に廃業までずっと使うものなので、ポイントを抑えて社名をつけるようにしましょう。

ドメイン取得を想定に入れる

社名をつける際には、ドメインを取得する事ができる名前をつけるようにしましょう。ドメインとは、ホームページのURLの事になります。今の時代は、会社のホームページを作る事が会社設立の際には必要になります。

しかし、ドメインはすでに使われているものを取得する事ができないです。そのため、社名をつける時には事前に、ドメインを取得する事ができるのかを確認するようにしましょう。

外国語での意味を考える

日本語では、何の意味もない文字列であっても外国語で発音すると恥ずかしい意味になってしまうものもあります。

最近では、「近畿大学」が海外で「kinki」という発音が「変態」を表す事から、海外での名称を「kindai」に変更しました。このように、日本では特別な意味を持たないものであっても、英語やその他の外国語で発音すると特別な意味を持つ事をある事を、意識して社名をつけるようにしましょう。

覚えてもらいやすい名前にする

社名は会社の顔ともいう事ができます。そのため、社名をつける時には初対面の人でも簡単に覚えてもらう事ができる名前にしましょう。

簡単な名前や覚えてもらいやすい名前をつける事で、営業の際にもスムーズに取引がすすむ事も多いです。

会社設立におすすめ税理士事務所

  • 税理士法人きわみ事務所は、開業や創業の支援に強い税理士事務所です。
    税法の暗記や計算能力ではなく、企業の問題解決のための分析や経営アドバイスが必要な時にはきわみ事務所へのご相談がおすすめです。

社名の付け方のコツ

社名をつける際には、コツがあります。実は、社名をつける時にはコツを抑えるだけで簡単に社名をつける事ができます。

ここでは、社名をつける時に役にたつコツについて紹介していきます。

自分の会社の信念を表す

会社の名前をつける時には、自分の会社の信念を名前に入れるといいです。自分の会社の信念は自分で作ったものなので、イメージなども膨らみやすく信念から派生した社名を付けている企業も多いです。

また、自分の会社の信念などを社名に入れる事で取引先との間で話が盛り上がる事もあります。このように、自分の会社にはなんらかの信念を入れて社名の由来をしっかりさせるといいでしょう。

創業者の名前を入れる

社名の付け方の定番のものとして創業者の名前をつける事が多いです。特に、昔からの企業の場合は創業者の名前が会社の名前の中に入っている事が多いです。

しかし、最近の会社でも創業者の名前を社名に入れる事が多いです。日本語での表記ではなく、創業者の名前を英語にして社名に入れたり、漢字の名前を他の読み方にして社名にしている事も多いです。

造語を社名にする

最近多いのが、造語を社名にするという会社です。自分の会社の商品や会社の理念などを英語にして組み合わせる名前が多いです。

造語を名前にしている会社は、存在しない言葉なので社名を取引先に覚えてもらう事が簡単です。また、造語なのでドメインがすでに取得されている事も少なくドメイン取得の際にも苦労する事が少ないです。

前後に文字を付け足す

自分の会社の販売している製品や商品の前後に言葉をつける事で、社名にする事も多いです。前後に文字を付け足す事でオリジナルの社名にする事ができ、他の会社との差別化を図る事ができます。

この社名の付け方は、会社のコンサプトや会社の製品について社名でアピールする事ができるので、自分の会社に主力商品がある場合はこの名前の付け方はおすすめです。

社名を決めたら本格的に創業開始

社名は、起業をしたら一番最初にする事ではないでしょうか?社名は一生使うものなので、できるだけ慎重につけて愛着のでる名前にしましょう。

また、社名をつけたあとにはいよいよ会社としての実務の開始になります。税金の処理などは会社経営の中でもとても重要になる部分で、脱税をすると社名が悪い形で世の中に広がる事になります。

そのため、会社としての実務を開始する前には税理士などの税金にプロに事前に相談をするようにしましょう。

会社設立におすすめ税理士事務所

  • 税理士法人きわみ事務所は、開業や創業の支援に強い税理士事務所です。
    税法の暗記や計算能力ではなく、企業の問題解決のための分析や経営アドバイスが必要な時にはきわみ事務所へのご相談がおすすめです。

会社設立・起業の基礎知識