起業時に融資を受けた方がいいって本当?

起業時に融資を受けた方がいいって本当?

起業する時には融資を受けた方がいいと聞いた事がある人も多いと思います。しかし、「融資=借金」というイメージを持っていて、なかなか創業融資に踏み切る事ができない人が多いのも事実。

今回は、今まで起業をした事がない人でも簡単にわかるように、なぜ起業の際に融資を受けた方がいいのか、融資を受けるメリット・デメリットは何かについて詳しく紹介していきます。

起業で使える創業融資とは?

起業の際に融資を受ける事を「創業融資」といいます。しかし、創業融資とはそもそもどのようなものなのか知らない人も多いと思います。

創業融資とは、起業する際に受ける事ができる融資の事で各自治体が行っているものや日本政策金融公庫が行っているものなどがあります。基本的には、政府系の機関や自治体の組織などが行っており税金で運営されている事も多いです。

創業融資は、起業の際にしか受ける事ができないですがメリットも多いため、多くの人が創業融資を受けているのが現状。

創業融資のメリット

創業融資には多くのメリットがあります。そのため、起業する際には創業融資を受ける事が前提になっている事も多いです。特に、最初に資金が必要になる実店舗での商売では自己資金でまかないきれないので、創業融資を受ける事が多くなっています。

ここでは、創業融資のメリットについてこれから起業をしようと思っている人にもわかるように簡単に紹介していきます。

融資を受けやすい

創業融資の最大のメリットは、融資を受けやすい事です。普通の銀行では、創業の際に融資を受ける事ができるという可能性は非常に低い。

創業したばかりの会社の信用度は非常に低いです。それもそもはずで、起業したばかりの会社には取引先が少ない事や定期的な収入を保証できない事が多いです。そのため、メガバンクを始めとして民間経営の銀行では、創業の際に融資を通してくれる可能性は非常に低くなっています。

しかし、創業融資の場合は政府系の銀行などが中心になって提供されているものなので、起業したばかりの会社での融資に通りやすいです。これは、国を上げて起業をする事に対して応援する姿勢があるためです。

無担保で借りる事ができる

創業融資は、無担保・保証人なしで借りる事ができる場合も多いです。特に、一般的に創業融資の際に担保として家などを入れる事はありません。そのため、起業したばかりで家族がいる人でも、比較的安心してお金を借りる事ができます。

しかし、融資の際には通帳を見せて起業する本人にどのくらいの余裕があり、自己資本比率がどのくらいなのかを元にお金を貸す事になります。そのため、創業融資を借りる時でも自己資本はある程度確保しておいた方が、借りる事ができる金額が大きくなるのでいいです。

心理的な余裕が出る

創業融資を受ける事で借金をしてしまったという罪悪感を持つ人もいると思います。しかし、起業の際には何かとお金が必要です。

特に、起業の時には自分で予期していない出費がある事も多く、予定通りには行かない事がほとんど。その時に、創業融資を受けて手持ちに現金がある事を意識するだけで精神的にはだいぶ楽になります。

心理的な余裕を持ち続けるという面でも起業の時には、創業融資を受ける事をおすすめしています。

創業融資のデメリット

創業融資にはメリットが多いですが、デメリットもあるのが事実。ここでは、創業融資を受ける時のデメリットについて紹介していきます。

返済の必要がある

創業融資は、融資なので当然返済する必要があります。創業融資は、5年以上の期間で借りる事が多くその間で事業を軌道に乗せる事ができると返済にそこまで苦労する事はないです。

しかし、返済までの期間で事業を軌道に乗せる事ができないと創業融資の返済が困難になってしまう事もあります。

そのため、創業融資を受ける時にはあくまでも融資であり投資ではない事を意識しておきましょう。

利率が高く設定されている

創業融資は、通常の融資よりも金利が高く設定されている事があります。そのため、他の銀行から融資を受ける事ができるようになると、創業融資の金利の高さに驚くかもしれないです。

しかし、金利も通常の銀行融資より少し高いくらいなので、事業を軌道に乗せる事ができれば全く問題ない金利ではあります。

会社設立におすすめ税理士事務所

  • 税理士法人きわみ事務所は、開業や創業の支援に強い税理士事務所です。
    税法の暗記や計算能力ではなく、企業の問題解決のための分析や経営アドバイスが必要な時にはきわみ事務所へのご相談がおすすめです。

創業融資を受けた方がいい理由

創業融資には、メリット・デメリットがあります。しかし、私は起業の際には創業融資を受ける事を強くすすめています。

起業の際に創業融資以外でお金を借りる事は、ほとんど不可能です。また、創業融資は起業したすぐあとにしか借りる事ができないので、起業した後にある程度事業が軌道に乗ってから創業融資を受けるという事はできないです。

そのため、創業融資は借りる事ができる時に借りておく事をすすめています。ここでは、創業融資を受ける方がいい理由をさらに詳しく紹介していきます。

キャッシュフローがよくなる

会社を経営する中で、キャッシュフロー がいいという事は非常に重要になります。キャッシュフローがよくない会社の場合、自転車創業と言われ社会的な信用を得る事ができないです。

また、起業したばかりの会社はキャッシュフロー の流れが悪く支払いが滞ってしまう事もあります。会社を経営した事がない人はピンとこないかもしれないですが、支払いの遅延は信用を大きく失う行為で取引先や従業員が離れて行く原因になります。

そのほかにも、キャッシュフローが悪いと黒字倒産をしてしまう可能性もあります。

融資実績になる

融資を受ける事ができるという事実だけで、大きな信用を得る事ができます。融資は、金融のプロである銀行員が認めないかぎり通る事がないです。そのため、融資を受ける事ができたという事実には大きな影響力があります。

そのため、起業の時には融資を受けるハードルが低い創業融資を受ける事で、自分の会社に箔をつける事ができます。

投資をする事ができる

会社を経営する際には、投資をする事が重要になります。しかし、設備や人員に投資をする際には現金が必要になります。その際に、創業融資を借りていると現金が不足してしまう可能性が低いです。

会社は基本的に、投資をしなければ大きくする事ができないです。そのため、投資をするために資金を確保しておくという観点からも創業融資を受けるのは有効です。

創業融資でわからない事は税理士に相談しよう

創業融資ではわからない事も多いと思います。特に、初めて起業をする人は会社のキャッシュフローをどのように回せばいいのか、何にどのくらいの金額がかかるのかなどの見通しが甘い事も多いです。その結果、倒産なんて事もあります。

そのため、起業する時にキャッシュフローの事で疑問点がある場合や創業融資の相談をしたい場合は、その分野のプロである税理士に相談するようにしましょう。

会社設立におすすめ税理士事務所

  • 税理士法人きわみ事務所は、開業や創業の支援に強い税理士事務所です。
    税法の暗記や計算能力ではなく、企業の問題解決のための分析や経営アドバイスが必要な時にはきわみ事務所へのご相談がおすすめです。

会社設立・起業の基礎知識